人材をお探しの法人の方

日本最大級の
ITフリーランス求人・案件情報サイト

エンジニア・クリエイターの経験を活かして
フリーランスで働いてみませんか?

30秒で完了!
まずは無料会員登録

すでに会員の方はこちら!

IT人材におけるすべてのプレイヤーが参加できる
マッチングプラットフォーム

セルフサービスによるプラットフォーム利用

プランお申込み

Trial

HOMEプランお申込み

About

Service

Company

 

IT人材領域における全てのプレイヤーが参加できる
マッチングプラットフォーム

AI人材育成|人材育成・教育研修

はじめての方からAI実務者まで、46コースがオンラインで学び放題!
65,000名以上に選ばれているユーザー数No.1*のAI研修サービスです。

 

AI(人工知能)を正しく理解し、ビジネスで活用するための体系的なAI知識・実践的スキルを、オンラインで身につけられるAI研修サービスです。

PCとインターネット環境があればブラウザを開くだけで10秒で始められる手軽さが特徴で、複雑な環境構築やAIに関する事前知識は不要です。また、チェックテスト・質問機能などの学習を促進する様々なサポート機能により、AI初心者から実務者まで、社員一人ひとりのスキルに合わせた育成が可能です。

こんな方におすすめです

  • AIに興味があり導入を検討したいが、何から始めればよいか分からない

  • 自社に最適なAIの活用法を見つけたい

  • 実務だけでなく、AIの専門知識を活かした提案ができる人材を育成したい

資料請求・お問い合わせ

なぜ、AI人材を社内で育成する必要があるのか?

経済産業省によるとAI/IoT市場は今後、年10%以上の高い市場成長が見込まれると言われています。AIが「研究開発」から「ビジネスへの活用」の時代に移った今、多くの企業が「製品の新しい価値創造(プロダクト・イノベーション)」や「生産プロセスの改善(プロセス・イノベーション)」のために、AIを活用しています。

 

例えば、短時間勤務を希望するアルバイトが多い外食産業では、シフト管理の自動化により管理業務の効率化を実現しています。また、保険業ではチャットボットを採用することで、コールセンターで担っていた保険の加入・見積もりの質問など、夜間・休日を含め24時間365日いつでも対応可能になっています。そのほか、自動車製造業の事故予兆検知・車体異常検知、百貨店での需要予測に基づく在庫最適化、市場分析・競合分析など、多くの業界でさまざまな活用が進んでいます。

また、総務省によると、AIを活用している企業とそうでない企業では、労働生産性に大きな差が生じているという調査研究の結果*も発表されており、AI導入・活用が企業の経営課題の解決につながっているといえるでしょう。*総務省「ICTによるイノベーションと新たなエコノミー形成に関する調査研究」より

これまで活用シーンが限られていた印象のあるAIですが、現在は企業規模を問わず幅広い業種・業界で活用が進んでおり、業務の効率化やコスト削減、人材不足の解消などにつながっています。

 

しかし、需要が高まる一方で、AIを活用できる「AI人材」の不足が深刻になっています。

 

AI人材不足による課題

  • 採用コストが高く「AI人材」を雇えない

  • 開発を外部委託に頼っているため柔軟な開発ができない

AIの活用にはAIリテラシーを身につけた人材が「社内に存在していること」が近道です。そのためにはまず、社内で「AI人材を育成できる環境」を整えることが重要といえるでしょう。

選ばれる理由

AI人材育成は、AI(人工知能)正しく理解し、ビジネスで活用するための体系的なAI知識・実践的スキルをオンラインで身につけられるAI研修サービスです。
AIの事前知識や学習環境の構築は不要。AIをはじめて学ぶ方から実務者まで、受講者のレベルに適した質の高い46コースの講座が受け放題のため、社員一人ひとりのスキルに合わせた育成が可能です。また、チェックテスト・質問機能などの学習を促進する様々なサポート機能を搭載し、「難しい」「続かない」といったお悩みを解消。さらに、ディープラーニング協会の検定試験(G検定対応/E検定対応)にも対応しており、社内の育成計画にも組み込みやすいサービスです。

·ブラウザを開いて10秒ではじめられる!

面倒な環境構築が不要で、PCとインターネット環境があれば、ブラウザを開くだけですぐに学習をはじめられます。また、ブラウザ上でコードを書きながら学習できるので、インプットとアウトプットを繰り返すことにより、実践力も身につきます。

·はじめてでも継続的に学べる仕組みが満載!

教材にはイラスト・動画を多用し、難しい内容でも視覚的に理解しやすい工夫がなされており、受講者の理解を促進します。また、「カリキュラム設定機能」を搭載し、受講者のレベルや身につけたいスキルに合わせた計画的な学習が可能。AIエンジニアをはじめ、PM・ディレクター、セールス、マーケター、経営者まで幅広く学習できます。

·学習を促進する機能が充実!

・質問箱機能
技術メンターが技術的な質問に回答し、受講生のお悩みを解決します。

・スマホ演習対応機能
スマホで「いつもでどこでも」演習が可能。1セッション5分ほどで演習可能なため、ちょっとしたすき間時間での学習にも最適です。

講座紹介

1時間程度で受講できる「はじめてのAI」や本格的な「G検定対策講座」など、AI初心者から実務経験者・上級者まで、46コースの講座をご用意。社員のレベルや自社の目的に応じてカリキュラムをカスタマイズでき、講座は随時アップデートしています。

カリキュラム例

AI・MLの基礎知識 数学的な基礎知識

講座名

時間

はじめてのAI

1

機械学習概論

2

統計学基礎

1

ビジネス数学

1

 

Pythonの分法AI・MLのリテラシー

講座名

時間

はじめてのAI

1

AIマーケター育成講座

1

機械学習概論

1.5

Python入門

4

オープンイノベーション実践のためのAIリテラシー講座

1.5

データサイエンティスト超入門

1

ビジネス数学

1

 

機械学習の基本的なモデル

講座名

時間

はじめてのAI

1

機械学習概論

2

Python入門

4

統計学基礎

1

Numpy

2

Pandas

3

Matplotlib

4

教師あり学習(回帰)

4

教師あり学習(分類)

4

教師なし学習

6

ご利用料金

  • 基本料金
    200,000円(月額)

  • 受講ライセンス料金
    50,000円(10名/月)

  • ×

  • 契約期間
    12カ月

アカウント数

ご利用料金(月額)

基本利用料

アカウント料金

合計

1人あたり

~10

200,000円

50,000円

250,000円

25,000円

50

250,000円

450,000円

9,000円

100

500,000円

700,000円

7,000円

※ 表記価格はすべて税抜です

※ 11アカウント以降は1アカウント追加ごとに月額5000円で増減自由

  •  

 

  •  

 

  •  

「AI人材育成パック」をご検討の方、ご不明点のある方はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせする

AI人材育成
人材育成メールマガジン

人材育成に関するノウハウやお役立ち情報、研修情報をお届けいたします。

メールマガジンを申し込む

AI人材育成パックお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

 

090-8747-9395

(受付時間:平日9:00~17:30)

トップページ

人材育成を知る

サービスを知る

講師派遣型研修

アセスメントサービス

専門家養成

研修 × モバイル活用サービス

階層別の育成法を見る

研修を探す

コラム/事例を見る

新着情報

ご利用中のお客様へ

法人向け教育サービスSERVICE

3ヶ月で、実践的なAI人材に。

AIプロジェクトと並走する形で、お客様独自の課題にあわせてAI教育プログラムをカスタマイズ。
自社に最適なAI導入ができる人材を育成します。

お問い合わせフォームはこちら

こんな人におすすめです!

AI技術を理解し、
AIベンダーとやりとりをする人

ビジネス課題を捉え、
AIによる解決策を
立案する人

製造業に特化、AI人材育成サービス登場 「顧客のAIプロジェクトと並走」

2020年2月19日

  • カスタマイズ研修

  • 充実サポート

  • AIエンジニアが伴走


 

  • 3ヶ月でAI人材

  • ゴールはビジネス課題解決

  • オンライン対応可

教育サービスでできること

AI開発やプロジェクトを実践的に学ぶ

社内における最適なAI人材確保を実現します。提供する教育コンテンツは、150以上の製造業のAI開発案件で培った解析知見をもとにご提供。AIプロジェクトの実案件と並走する形でのAI人材育成を想定しています。AI開発と並走することで、実務に紐づいた形でデータ分析を学べます。

  • 特徴1

製造業150以上の

案件にもとづく 技術力

一般的なAI分析手法に加え、製造現場の知見を活かしたデータ分析手法をお伝えします

  • 特徴2

AI導入の実務に紐づいた内容

検定試験向けではなく、なぜAIを使うのか、どうモデルを選ぶのかという本質な考え方を実務に紐づいた形で学べます

  • 特徴3

対面・オンラインの講義形式に対応

対面形式・オンライン形式のどちらの講義にも対応します。短期集中でスキルアップを目標とするのであれば対面形式、長期に渡ってサポートをする場合はオンライン形式をオススメします

導入効果

自社に最適なAI人材を確保できる

「データ分析がわからない」「AIを操れる人材がいない」というAI人材不足が、製造現場においてもAI導入に踏み切れない要因になっています。
また、現場で取得できるデータは、学習用に揃えられたデータセットと異なります。AI担当者が汎用的なデータ分析手法を学んだとしても、現場でのデータ分析がうまく進められず、学習成果が自社へのAI導入に連動しない場合もあります。

 

製造業におけるAI導入では、部門横断で業務フローを理解している人材が、データの性質を把握してプロジェクトに取り組むことが重要です。
加えて、AIはひとつのモデルを開発して終わりではなく、現場で適切に運用することが求められます。

 

本サービスでは、AI開発の実案件と並走しながら、お客様の現場状況にあわせてコンテンツをご提供。なぜAIを使うのか、どうモデルを選ぶのかという本質な考え方を学び、自社に最適なAI導入を検討できる人材を育成します。

お問い合わせフォームはこちら

製造業向けAI人材教育プログラムの一例

お客様の業界

建設機器メーカー

お客様の悩み

工場の社員に対してセンサーデータを用いた

異常検知の処理を教育したい
(時系列データの分析)

講座内容

AIリテラシー講座

AIの歴史/最新動向について

データ分析講座

基礎

データ分析技術に必要な統計概要

データ分析技術に必要な機械学習概要

データ分析講座

事例紹介

製造歩留まり改善、品質管理、商品開発など

データ分析ハンズオン

時系列データから時系列予測モデル、状態推定と異常検知などをハンズオン形式で学びます。必要に応じて、テキストマイニング・画像分類とDL・生産計画と最適化に関するテーマなどを盛り込みます。

アイディア

ワークショップ

ワークショップを開催します。プロジェクトにおけるキャッシュポイント、生産管理の考え方を理解し、AIプロジェクトを進める上での役割分担などをロールプレイングで体験します。

※ 実案件と教育サービスの並行は、取得データを確認した上で再度ご提案いたします。
データ難易度と教育サービスを実施する希望期間によっては切り分ける場合もございます。
※ 取得データがない場合にも、各社の状況を踏まえた教育コンテンツを提供いたします。

導入の流れ

  • ヒアリング

研修ご担当者様にヒアリングさせていただきます

  • 研修プランのご提案

目的や課題、データの有無、予算や希望期間を考慮して、最適なプログラムをご提案いたします

  • 準備・研修実施

御社で研修を実施する場合、会場の準備をお願いします

  • 終了後

新たな課題が見えた場合には、さらなる改善策をご提案いたします

※お客様状況や取得データにより変わります。

サービス概要・価格

期間

3ヶ月
ご要望に応じます(3日から承ります)

価格

300万円〜

人数

5〜10名程度

お問い合わせフォームはこちら

フォームの始まり

お問い合わせ

下記フォームにご入力後、「送信」ボタンをクリックしてください。


 

必須会社名

 

任意部署名

 

必須ご担当者名

 

必須メールアドレス

必須日中の連絡先

必須お問い合わせ種別

サービスの詳細な説明を受けたい導入価格について知りたいその他

任意お問い合わせ詳細

 

プライバシーポリシーに同意する

 

フォームの終わり

AIサービスに関するご質問や、導入・業務提携に関するご相談につきましては、
お問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせは確認後、担当者より折り返しご連絡をさせていただきます。

お電話でのお問い合わせはこち

電話受付時間
平日10:00-18:00 / 年末年始休業

 

 

 

Python+数学研修・セミナーの受講対象

AIを100万人が学ぶこと。
それがAI実装検定の設立意義です。

世界の時流においては、流通、エネルギー、金融、軍事、教育、農業、医学、すべての分野でAIの研究が進んでいます。

AI実装検定の設立意義

AI実装検定の対象者

AI実装検定は中学校までの義務教育を受けていれば誰もが挑戦することができます。

 

独りよがりの知識ではなく、体系的なディープラーニングの実装知識とスキルを自他ともに認められるための客観的なメジャーがAI実装検定です。

この検定により自分の持っている知識、足りない知識をしっかりと把握することができ、客観的に証明することができます。

まずは、AI学習の第一歩として、それぞれの目的をもってチャレンジしてください。

AI実装検定の特徴

実際に今のAIで出来る事にテーマを絞り客観的にスキルを測ります。
具体的には、AIの中でもディープラーニング、さらに画像分類の実装スキルに焦点を絞り、以下三つのセグメントでの基礎力を測定します。

① ディープラーニングの実装に必要な数学の知識

高度な数学は必要なく、学ぶ範囲は限られています。

とはいえ、AIの実装というよりはAIの書籍や論文を読んでこれからスキルアップを図れる人材という意味で数学をはじめに理解しておくことが近道となります。急がば回れです。

文系の方やプログラマーの方、これを機会に数学も一つの言語と考え勉強して頂けたら幸いです。

② ディープラーニングの実装に必要なプログラミングの知識

AIの実装に難しいプログラミングの知識は必要ありません。

とはいえ、理論だけ理解してもAIを実装することは出来ません。

それに、AIの概念を数式や文章で理解するのはとても大変で、プログラミングで実行しながら理解するのが近道で楽な方法です。

③ ディープラーニングの実装について基礎理論の理解。

基礎理論は、実は足し算と掛け算です。ところが、ここが理解できていないと「何となく」しか実装することが出来ません。

しっかりと基礎を理解していることをこの検定を通し自他ともに確認することができます。

AI実装検定のその後

★AI実装検定の合格者には「ディープラーニング実装師」の称号が付与されます。ロゴや認定証が配布されますのでPRにご活用ください。

★AI実装検定(A級)合格者は「E資格」の勉強に取り掛かることができる実力を備えます。

E資格とは日本ディープラーニング協会が主催するAIの最高峰とも言える、上級者向けの資格です。

AI実装検定実行委員会を主催する、E資格の日本ディープラーニング協会公式認定プログラム[認定番号00011] を第一回目のE資格試験より実施しています。

 

 


さらなる高みを目指す方は是非チャレンジしてください。

サイト内検索

 

AI実装検定の紹介

次のAI実装検定【A級】まで

運営元


お問い合わせ

 

プログラミング、数学ともに初心者の方を対象とした研修内容です。
文系出身のエンジニアの方や普段はPython以外の言語を利用する方にもおすすめです。
この講座を修了すると機械学習講座をスムーズに受講できます。

 

プログラミング初心者
本で学習したことはあるが、実際にPCで動かすことには不安がある
プログラミング経験(言語問わず)があると尚良

 

数学初心者
高校数学まではなんとなく覚えているが大学数学は未学習・不安な方
目安:数学ⅠAⅡB は学習経験あり

カリキュラム

Pythonの基礎知識

  • Python+数学超入門講座の復習

機械学習に必要な各種ライブラリ

  • Numpyの基本操作

  • Pandasの基本操作

  • Matplotlibの基本操作

  • 各種ライブラリ上でのデータ操作と演習

  • 各種ライブラリを用いた機械学習を行うまでのデータの取得、前処理、可視化、加工

数学基礎知識

  • Python+数学超入門講座の復習

機械学習に必要な数学知識

  • 活性化関数

  • 勾配降下法

  • 特異値分解

  • 主成分分析

  • 最尤推定/ベイズの定理

  • エントロピー/TF-IDF

スケジュール

DAY 1

Python 1回目
Python基礎知識

DAY 2

Python 2回目
数値計算ライブラリNumpy

DAY 3

Python 3回目
データ解析用ライブラリPandas

DAY 4

Python 4回目
グラフ描画ライブラリmatplotlib

DAY 5

Python 5回目
Python修了試験

DAY 6

数学 1回目
微分・積分

DAY 7

数学 2回目
線形代数

DAY 8

数学 3回目
確率統計

DAY 9

数学 4回目
情報理論

DAY 10

数学 5回目
数学修了試験

AI・ビッグデータ活用に関するお困りごとは当社までお気軽にご相談ください。

法人向けサービス

 

個人向けサービス

1

20200729_4_01s.jpg
20200729_3_01s.jpg
a433edff66370fe89d271e2a7a49c98b.jpg
3411219955458658173.jpg
201208010125_480_320.jpg
11(28).jpg
lps_format_1_4_image_01.png