会社概要

STOP COVID-19 × cutting-edge technologies Store

HOC Intelligent Technology Nanjing Co., Ltd., led by Dr. Guolong Cambridge, Dr. Hong Hong Harvard, Oxford University, Cambridge University, Harvard University, MIT and other doctoral teams, ERP consulting, cloud technology, big data, blockchain, AI machine learning, RPA, OCR -AI is a practical ability expert in the field of artificial intelligence, such as deep learning, and a professional team with 40 years of work experience. HOC Intelligent Technology is a national-level A-class team in China. It is also a scientific and technological support team with national science and technology support. It is a member of the Chinese Academy of Sciences, a key researcher of the Chinese National Academy of Sciences, and a professor at Tsinghua University. Integration with technological megatrends, leading analytical techniques used in government/local government, education/medical/healthcare, finance, manufacturing, logistics, communications/broadcasting, construction/real estate, electricity/gas/water, networking, pharmaceuticals , agriculture, retail, manufacturing, transportation, sports, aerospace, advertising, IOT, ICT and other industries. Academician of the Chinese Academy of Sciences, IEEE member, ERP blockchain cloud technology big data artificial intelligence related field (not limited to voice processing, including artificial intelligence in all fields) patent product contest won the first prize, and with Ali, Tencent, Huawei, etc. A number of contracts were signed. AI×5G brush face becomes the mainstream payment method, see what you buy, short video AI animation × 5G, AR VR and 3D, smart driving, finance, 5G telemedicine 5G AI medical, smart driving intelligent business intelligence medical public security 5G robot 5G materials semiconductor sports entertainment and other fields of technology are our mainstream, the world's leading intelligent driving in key technologies such as separation and purification, innovative drugs, biotechnology, chip design, quantum dot display, multi-touch, nano microspheres and low carbon nano materials. , smart manufacturing, robotics, smart medical

HOC Intelligent Technology Guolong's technical team won the Class A first class in the China Science and Technology Association, HOC Intelligent Technology Guolong Yuhong's technical team in the China Science and Technology Association and Jiangsu Provincial People's Government. prize. Big health industry: Biomedicine, medical equipment, smart medical care, health management, etc. won the first prize of Class A.

 

HOC Intelligent Technology Nanjing Co., Ltd. (abbreviation: HOC Intelligent Technology) was established in July 2019. As an artificial intelligence high-tech company, the company's founder Yu Honghong graduated from Harvard University School of Computer Science with a Ph.D. At the same time, he served as Director of CTO of NTTDATA Headquarters, Visiting Professor of Harvard Business School, Visiting Professor of School of Computer Science of Tsinghua University, Visiting Professor of Southeast University, Visiting Professor of University of Tokyo, Visiting Professor of Osaka University, Visiting Professor of Kyoto University. The company's core team graduated from Harvard University, Oxford University, Cambridge University, MIT, Carnegie Mellon University, Leuven University of Belgium, Worcester Polytechnic, Peking University, Tsinghua University, Shanghai Jiaotong University, Zhejiang University, Nanjing Universities, Southeast University, Harbin Institute of Technology and other well-known universities at home and abroad; before creating and joining Nanjing Harbin Bridge Intelligent Technology, respectively in Alibaba, Tencent, NTTDATA, Google, Amazon, ZestFinance, SFL Scientific, Hongya Century Investment, Suning Jinfu, China Merchants Bank, Huawei, Zhongxing, Tuniu Finance and other industry benchmark enterprises or institutions.

Japan-China Trade & Promotion Artificial Intelligence Deep Learning Association

The objective is to accelerate the artificial intelligence (AI) business in companies centered on the deep learning business, as well as in Japan and China and their neighboring countries, which are focused on research and human resources related to deep learning. (1) AI human resource development, academic meetings, academic lectures, seminars, etc.

(2) Information exchange and collaboration with related organizations

(3) AI solution consulting, promotion of AI utilization

(4) Exchange and cooperation between Japan and China and globalization

(6) Other businesses necessary to achieve the purpose of this corporation

(6) The business under the preceding paragraph shall be conducted in Japan and overseas.

We will carry out activities as the following five pillars.

(1) AI human resource development

We will hold various seminars and workshops for researchers and students who will support and support the AI ​​industry in the future.

(2) AI industry employment support

For those who want to find employment in the AI ​​industry and those who want to study AI technology, we will support employment through company briefing sessions.

(3) AI solution consulting

(4) Promotion of AI utilization

(5) Exchange and cooperation between Japan and China and globalization

We will promote cooperation with related organizations in Japan and China and their neighboring countries. We will organize information such as news about AI, trends in the AI ​​industry, trends in AI technology development, cases of utilizing AI products and services, interviews with experts, etc., and provide it to our members.

For the sound development of the industry, such as promoting the utilization of industry, human resource development, making recommendations to public institutions and industries, international cooperation, dialogue with society, etc., led by companies and experts with deep learning as the core of their business. We will carry out the necessary activities

About the board

The board consists of the president, directors, auditors, and special advisors.

About the committee

Industrial Utilization Promotion Committee

We will promote the utilization of deep learning in industry by collecting cases, extracting issues, and disseminating information such as symposiums and guidebooks.

Public policy committee

We will engage in international collaboration and dialogue with the society on which deep learning will be implemented. We will cooperate with various organizations to disseminate information to society as an association.

Human Resource Development Committee

We will examine the skill set for using deep learning and formulate a syllabus for the JCDLA and CJDLA exams. We will test, confirm, organize the test questions, and carry out the test.

 

Member merit (excerpt)

・ You can use association certification (logo mark) and association membership sign.

-You can get the latest information and network through member-only events, member-only pages, and access to the internal Slack of the association.

・ By participating in the committee, you can make industry-university collaboration activities and make institutional recommendations for government agencies.

・ You can use advertising space for various media issued by the association etc.

* Member benefits vary depending on type and rank. Please contact us for details.

This association aims to improve the industrial competitiveness of Japan and China through technologies centered on deep learning.

Therefore, companies and experts with deep learning as the core of the business will play a central role in promoting the sound development of industry, such as promotion of industrial utilization, human resource development, recommendations to public institutions and industries, international collaboration, and dialogue with society. We will carry out the necessary activities for

Automatically deliver the latest information
We will automatically collect and deliver articles that are hot at that time.

·Automatically deliver the latest information
We will automatically collect and deliver articles that are hot at that time.

Read the channel of

In addition to the standard genres, you can freely read and add many features and media.

·Instantaneous reading
You don't have to wait for the loading. Oxhabridge

If it is View, it will be displayed in an instant. OxhabridgeVIEW Simple display makes it easy to read

·Can be read outside the service area
Once you get the news, you can continue to read it even outside the service area.

Why Oxhabridge Media

·Over 50 million downloads
Over 50 million downloads worldwide.

·Award
Winner of Apple's Best App 2016 and Google's Best App of the Year 2016.

·partnership
We have partnerships with numerous media in Japan and US China

To all media operators

Oxhabridge Media cannot exist without the creator of good content. The high-quality contents of various media operators are classified and displayed in real time on various channels such as entertainment, economy, and international.

Now that it has become the main contact point for news consumption, we would like to contribute to the creation of an environment in which high-quality content is continuously created by supporting all content creators.

How it works


ChannelView Heading with media operator specified
Oxhabridge View Simple screen optimized for article viewing

In order to provide users with a more comfortable article browsing experience, we have been gradually switching to a specification that prioritizes Oxhabridge View from March 2016 (the old display format is here).

Benefits for media operators


If you prepare the feed "Oxhabridge Format" formulated by Oxhabridge, you will get the following advantages.

1. Providing a comfortable article browsing experience

With Oxhabridge View optimized for article browsing, you can quickly and comfortably display content including images and videos. Improve engagement with readers by increasing the frequency of browsing and the number of article migrations.

2. Traffic count

You can measure the access of OxhabridgeView on the media operator side (you can use the measurement tag that works with JavaScript). We will also provide more detailed information on the management screen Insights (*) provided by us.

* At present, we are providing only to Channel Plus media in principle (the range of provision will be expanded sequentially).

3. Brand appeal

The article browsing experience at OxhabridgeNews can be controlled under the brand of the media operator.
OxhabridgeView always displays the brand logo. The flow line to the original site is also secured.
Furthermore, even if it is shared to social media via OxhabridgeNews, it will be shared with the URL of the original article, and all the traffic after diffusion will be returned to the URL of the media operator side.

4. Support for monetization

You can use 100% media operator controlled advertising space.
・2 leads for sponsored content (tie-up advertisement)
All revenue and traffic generated from these inventory will be returned to the media operator.

In addition to the above, we may open a channel plus specialized for each medium and propose an advertising revenue sharing program from our company.

OxhabridgeFormat complies with RSS 2.0 or Atom public specifications. Once prepared, it can be automatically operated.
For details, please see the support site for media operators below.

Media operator support site

Channel plus
Channel Plus that allows you to add content that is specific to a medium or genre to your taste. We offer a colorful lineup in various categories.

Channel Plus list

About unsubscribe of articles
Please refer to this page and if the problem is not resolved, please contact the designated contact.

Frequently Asked Questions/Inquiries
For questions and inquiries, please refer to this page.

デジタルトランスフォーメーションDX

AI IOT 5G Cloud

サチューセッツ工科大学(MIT)コンピュータ科学・人工知能研究所(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory:CSAIL)のレジーナ・バージレイ教授が、人工知能(AI)分野における特に優れた研究を表彰する米人工知能学会(AAAI)の新しい賞「人類の利益に貢献するAIのためのスクワールAIアワード(Squirrel AI Award for Artificial Intelligence for the Benefit of Humanity)」の初代受賞者に決まった。バージレイ教授のキャリアは自然言語処理(NLP)から始まった。2014年に乳がんを患った同教授は、がんの検知と新薬開発のための機械学習アルゴリズムを専門に取り組むようになった。

授賞式は2021年2月に実施される。同アワード受賞者に贈られる100万ドルの賞金(ノーベル賞や、コンピューター科学分野におけるチューリング賞に匹敵する)は、中国のオンライン教育企業「スクワールAI(Squirrel AI)」が提供した。

今回の受賞、そしてAIへの期待と課題について、バージレイ教授に電話で話を聞いた。

※以下のインタビューは、発言の趣旨を明確にするため、要約・編集されている。

◆◆◆

——受賞おめでとうございます。今回の受賞は、あなた自身、そしてAI全般にとってどんな意味がありますか?

ありがとうございます。いまだにAIが従来の仕組みを変えられていない分野は数多くありますが、それを変えられる可能性があります。私たちは機械翻訳やレコメンド・システムをいつも利用していますが、これらを突飛なテクノロジーだと考える人はいませんし、当たり前のように受け入れています。

しかし、保健医療をはじめとする、人々が幸福な生活を送るためには欠かせない分野において、AIは社会的に受け入れられていません。今回の賞とそれに付随する注目の高まりによって、人々の考え方が変わってAIの可能性を理解してもらえるようになり、AIコミュニティが次のステップに進む後押しとなることを期待しています。

——次のステップとはどういったものですか?

蒸気から電気への移行期において、初期の段階では電気を産業に持ち込む試みはあまりうまくいきませんでした。なぜなら、単純に蒸気エンジンのコピーを作ろうとしていたからです。現在、AIでも同じようなことが起こっていると思っています。医療だけでなく、教育、材料設計、都市計画など、さまざまな分野にAIをどう組み込んでいくかということに取り組む必要があります。当然ながら、より良いアルゴリズムの構築をはじめ、テクノロジー側でも改善すべき点はあります。しかし、厳しい規制が敷かれた環境にAIテクノロジーを持ち込もうとしている中で、私たちはどのようにして持ち込むかについて真剣に考えては来なかったのです。

現在AIが盛況なのは、失敗のコストが非常に低い分野です。グーグルが誤った翻訳やリンクを提示しても、さほど問題にはなりません。別の方法を試せばいいからです。しかし、医師の場合はそうはいきません。患者の治療や診断を誤れば、深刻な問題が起こるでしょう。実際のところ多くのアルゴリズムは、さまざまな物事において人間よりも優れた仕事をができます。しかし私たちは、自分が理解できないものよりも、自分の直感や心に信頼を置くものです。医師たちがAIを信じられるような理由を提供する必要があるのです。米国食品医薬品局(FDA)はこの問題に注目していますが、米国、そして世界のどこにおいても解決にはほど遠い状況だと思います。

——あなたは2014年に乳がんと診断されました。自分の仕事に対する考え方は変わりましたか?

間違いなく変わりました。ひとつには、治療を受け、長い時間を病院で過ごす中で、自分のやってきた仕事が些細なつまらないことのように感じたことがあります。人々が苦しんでいる。私たちには何かができるはずだ、と思ったのです。

治療を始めた当時、自分のような患者に何が起こるのかと尋ねました。私が抱えている腫瘍のタイプや、自分の年齢で、この治療をしたらどうなるかと尋ねたんです。病院側の答えは「こういう臨床試験はありますが、あなたはそこに正確に当てはまっているわけではありません」というものでした。乳がんはとてもありふれた病気で、多くの患者がいて、データも膨大な蓄積があるのに、なぜそれが活用されていないのだろうと思いました。しかし、米国の病院のシステムから情報を引き出すことは簡単ではありません。データはありますが、テキストなのです。そこで私は、そのデータを利用するために自然言語処理を使い始めました。利用可能なデータを自ら捨ててしまっているというのは、他の分野では考えられないことでした。しかし医療の分野ではそれが起きていたのです。

——病院はこのデータ活用促進に乗り気でしたか?

協力してくれる医師が見つかるまでに少し時間がかかりました。問題があれば解決に努めるし、お金は要らないから、どんな問題があるのか、そしてそれに関するデータを提供してくれるように頼んで回りました。しかし協力者はなかなか見つかりませんでした。あまり歓迎されていたとは言えませんね。

自然言語処理の取り組みの後、私は画像認識を使ってマンモグラムからがんの発症の可能性や、どのように病気が進行していくのかといった患者のリスクを予測する研究を始めました。

——あなたががんと診断された当時、このツールがあったら状況は違っていたでしょうか?

もちろんです。診断を受ける前にマンモグラムにこれを利用すれば、腫瘍をはっきりと検知できたはずです。これは奇跡のようなことではありません。がんは1日2日で大きくなるものではなく、長い時間をかけて進行していきます。組織にその徴候は現れますが、非常に小さなパターンとして現れた場合などは人間の目で発見するのは困難です。私の例では2年前から視認できる状態でした。

——医師はなぜ発見できなかったのですか?

発見が難しいのです。どんなマンモグラムにも、がんかどうか見分けがつきにくい白い点が写ります。そして医師は、生検をする必要があるのはどの白斑なのか判断しなければなりません。医師は自分の直感と、不要な生検をして患者に負担をかけることを天秤にかけ、適切なバランスを見い出して行動する必要があります。これこそまさに、データ駆動型のAIを活用することで、遥かに体系的な判断が下せるようになる類のものなのです。

——ここで再び、信頼の問題が出てきます。私たちは技術的な改良をしてより説明しやすいツールを作るべきなのか、それを使う人々を教育すべきなのか、どちらでしょうか?

いい質問ですね。意思決定の中には、人に簡単に説明できるものもあるでしょう。例えば、AIが画像からがんを検知する場合、AIの予測の根拠となる領域を、人間が拡大して見ることができます。しかし、人間ができないことを機械にさせるケースは増えてきていますが、その場合機械は何を提示するというのでしょうか? 例えば犬は人間より遥かに優れた嗅覚を持っていますが、その犬が私たちに対してどうやって匂いを嗅ぎ分けているのかを説明するようなものです。私たちには犬が持っているような能力がありません。機械が大幅に発達しているなかで、これは大きな問いだと思います。自分自身が解決できない問題について、どんな説明をされれば納得できますか。

——AIが自らを完璧に説明できるようになるまで、私たちは待つべきだということですか?

そうではありません。今、生死を扱う問いに私たちがどう答えているかを考えてみてください。ある患者にこの治療や医薬品を適用した場合どのような反応があるかといった、医療に関する大半の問いについては、統計モデルを用いて答えを出せますが、それが間違いに繋がる可能性もあります。完璧なものは存在しません。

AIも同じです。完璧なAIが開発されるまで待つのは得策とは思えません。完璧なAIが近いうちに実現することはないと思っています。問われるべきは、いかにしてAIの強みを生かし、弱点の部分を回避するかということです。

——では最後に、AIがいまだに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に大きな効果をあげていないのはなぜですか?

AIが人々の抱えている大きな問題をすべて解決してくれることはないでしょう。しかし、一部の小さな例を挙げることはできます。今年に入って、あらゆる非必須の医療サービスが規模を縮小する中で、私たちはボストンのがん患者が1年ごとのマンモグラム検診を受けるべきかどうかを判断するためにAIツールを活用しました。

しかし、新型コロナウイルス感染症に対してAIがあまり有効に活用されていないのは、テクノロジーではなくデータの不足に主な原因があります。私は医療におけるAIを扱うMITの「Jクリニック(J-Clinic)」センターでリーダーチームに所属していますが、4月当時、私たちの多くは「何かしたいのだが、データはどこから得ればよいのだろうか?」と口にしていました。しかし、データは得られませんでした。不可能だったのです。半年経った今でも、どうすればデータを得られるのかは明確になっていません。

2つめの理由は、私たちに準備ができていなかったということです。たとえ普通の状況で、人々がストレスに晒されていなかったとしても、プロセスの中にAIツールを組み込み、すべてを適切に規制するのは困難です。現在の危機的な状況では、私たちには単にその能力が無いのです。

医師たちが保守的になるのは理解できます。人命が懸かっているわけですから。しかし今回の件が、私たちがいかに新たな脅威にすばやく対応する準備ができていなかったのかを人々が自覚するきっかけになることを願っています。私はAIこそが未来のテクノロジーだと思っていますが、私たちがAIを信頼する術を見い出さない限り、このテクノロジーを前進させることはできないでしょう。

あなたを支えるスタッフ

キュレーター、広報、マーケティング、デザイナー、エンジニア、法務、ビジネスサポートなど
様々な分野のスタッフがあなたのプロジェクトを支えます。
実現に向けて一緒にチャレンジしましょう。

Mediaスタッフ

部長

TAHARA KOKO

yuhong268@gmail.com

CTO

営業

マリア・ロドリゲス

yuhong7035@gmail.com

  • Twitter
  • LinkedIn
  • Twitter
  • LinkedIn

 Storeスタッフ

  • Twitter
  • LinkedIn
  • Twitter
  • LinkedIn