経営理念以最短路径实际使用尖端技术我们的目标是通过以最短路径实际应用深度学习等尖端技术来解决现实世界中迄今为止难以解决的问题。

动机驱动
基于热情

表达组织文化的一个组成部分是驱动成员的动力。
受到激励(即“热情”)意味着您对自己的结果很认真。
如果项目的结果有意义且具有动力,我们也将努力为每个团队成员的成就做出贡献。这也是通过团队合作产生成果的代名词。
由于这种文化,我们可以继续成为一个非常扁平,灵活和高效的组织。


​拼命学习

所有成员都非常渴望学习。
挑战领域是巨大变化的领域,而我们保持领先的唯一方法就是学习。
我们不坚持一个想法,一种技术,一个领域。
例如,软件工程师希望在硬件方面面临新的挑战,并且硬件研究人员很高兴将自己的学科转换为设计。
结果是一个真正的学习型组织,成员来自不同的背景。

 

骄傲但谦虚
我们是一家骄傲但谦虚的技术型公司。我们继续挑战我们的成就。
这样,我们将吸引最优秀的人才,并继续发展我们的同行。
同时,我们对无法实现的目标有正确的理解。
我们认识到世界上存在我们尚不了解的现象和技术,这就是为什么我们可以最大限度地尊重各个专业领域的成员的思想。

 

大胆地做以前没有人做过的事
大胆做没人做过的事

绘制更美好的未来,用技术改变世界-我们挑战新的软件和硬件,新的服务和业务转型,并创造前所未有的市场。
我们相信,我们在社会中的使命是做我们只能做的事情。

 

我们的行为准则归纳为“价值观”四个项目。不用说,除了这四个项目外,我们在公司活动中还需要做其他重要的事情。例如,我当然知道,作为一个好公民,有一个准则可以保护道德和举止,并且在公司中起着根本性的作用,例如帮助客户成功。最重要的是,这些价值观具有``可能性''的特征,我们为他们感到自豪。

深度学习观点
深度学习是计算机科学中的一项创新技术。这项技术正在迅速应用于广泛的应用领域。本文说明了深度学习为何具有创新性,并首次讨论了深度学习支持的各种应用程序。然后,我将解释为什么我们认为我们在这一领域具有竞争力。
深度学习:信息处理创新
深度学习正在改变IT世界。在经典信息处理中,程序员必须明确指定过程的每个步骤。在深度学习中,通过输入和输出示例来训练深度神经网络来完成编程。这为IT人员自动化了难以明确编写的问题(例如图像识别和癌症诊断)开辟了道路。
毫无疑问,自从1940年代发明数字计算机以来,由于深度学习而导致的编程变化已经是重大变化。通过深度学习,信息系统可以解决的问题范围得到了极大的扩展,例如机器人技术,自动驾驶,癌症诊断,药物发现和运动分析。 ,与领先的公司/组织进行战略合作,以通过应用深度学习来创造新价值的领域。一些示例如下所示。
癌症诊断
我们正在尝试通过国家癌症中心分析血液中的细胞外RNA来诊断癌症。尽管RNA通常在细胞内部,但其片段有时会从细胞中出来,称为exRNA。期望通过检查血液中exRNA的表达水平可以诊断出各种类型的癌症。科学家们正在寻找主要针对每种癌症的4000多种不同的exRNA。该团队通过深度学习分析了所有4,000个exRNA表达水平的综合模式,成功获得了比以前更高的诊断准确性。
 
通过验血诊断癌症的步骤。用基因测序仪分析血样,用深层神经网络分析4000多种exRNA的表达水平。
娱乐
深度学习还正在改变娱乐业。使用最新的深度生成模型,Crypko可以生成实际上无穷无尽的独特字符,这些字符不会出现在训练数据集中,即不会侵犯其他人的版权。也可以合成多个字符以产生具有每个特征的字符。
 
Crypko中的字符组成。通过组合以上两个字符,您可以创建一个新字符,该字符将原始字符的特征组合在一起,如下排所示。
运动分析
现在,职业棒球和足球等体育活动会生成大量数据。建立更强大团队的数据分析已经广泛开展。但是,在诸如足球之类的团队运动中,从技术上讲,当不握球时,很难量化球员的贡献。深度学习可以分析所有参与者的整体状况,将这些贡献可视化。我们与体育技术实验室(STL)合作,在足球分析中促进深度学习的使用,并正在开发比赛分析算法和球员姿势估计算法。 STL宣布将于2019年发布基于该技术的产品。
 
足球分析示例。态度识别
 
玩家位置和方向
 
战术水平分析
炼厂优化
与JXTG Holdings联合进行研究,以优化精炼厂并使其自动化。典型的炼油厂是一个高度复杂的系统,具有数百个过程以及数千个传感器和执行器。由于精炼厂生产的石油化学产品的数量非常多,因此生产率的略微提高导致成本的大幅降低。通过将深度学习技术和优化技术相结合,我们旨在优化和自动化大型复杂的炼油厂。
机器人技术
在2018年10月的日本CEATEC上,我们展示了使用丰田HSR(人类支持机器人)的全自动清洁机器人。该机器人识别散落在家里客厅中的衣服,玩具等,并将它们放在指定的地方。迄今为止,图像识别技术和机器人控制技术使在这样的自由环境中工作变得困难。我们通过深度学习和每个物体的姿态识别,利用了世界上最高水平的图像识别,成功解决了这一难题。机器人还可以通过人类的声音和手势直观地控制。
 
自动清洁机器人在CEATEC Japan 2018上展出。机器人识别散落在客厅地板上的各种物体
 
此外,它可以识别物体的姿势并正确抓住它
教育
深度学习实现了一种新型的编程方式,即示例性的“归纳编程”。由于编程的思维方式与以前完全不同,因此有必要为编程创建教材。我们与教育,文化,体育,科学和技术部合作,准备了归纳编程的材料。
 
“火星语言识别器”和一所使用它的小学班。训练一个深层的神经网络,在这个网络中,孩子们可以得出“火星人”中的数字并加以识别
 
使用此工具来解释“归纳编程”的概念
如上所述,显示了深度学习支持的各种应用程序中的一些。这些应用只是在我们眼前延伸的少数可能性。我们将与各行业的领先公司合作,继续追求这些可能性。
接下来,让我们考虑深度学习所需的计算环境。
计算环境
深度学习的计算量(工作量)与传统编程有很大不同。因此,传统的计算机体系结构不能有效地执行深度学习所需的计算。为了加速深度学习的技术发展,我们在专门用于深度学习的计算环境中进行了大规模投资。因此,世界上很少有公司拥有从硬件到软件的全栈深度学习技术。
Chainer™:灵活的深度学习框架
Chainer是一个开源的深度学习框架。它是为加速内部研发而于2015年5月开发的,并于同年6月以开源形式发布。深度学习相关技术的研究与开发非常活跃,每周都会提出一种新型的深度神经网络。 Chainer的“运行定义”功能(即在查看输入数据时动态配置深度神经网络的功能)使快速重新实施​​和测试新想法成为可能。这项“按运行定义”功能最近已合并到Google的TensorFlow和Facebook的PyTorch中。
Chainer被设计为Python的自然扩展,Python是许多数据科学家普遍使用的编程语言,并且与NVIDIA提供的CUDA无缝集成以实现在GPU上的高效计算。这使熟悉Python的程序员可以在短时间内开发深度学习系统,并与现有数据和数据分析应用程序集成。从2019年开始,Chainer在NVIDIA,Intel,AWS和OpenPower等主要平台上受支持。
更多详情
Optuna™:超参数优化工具
在当前的深度学习中,超参数的调整(例如训练迭代数,神经网络层和通道的数目,学习率以及批处理大小)对于提高性能至关重要。超参数优化工具Optuna通过手动试验和错误使许多开发人员可以自动完成这项工作。 Optuna是我们开发的开源软件,可以通过使用贝叶斯优化等最新技术来有效地搜索超参数的最佳组合。 Optuna不仅可以与Chainer一起使用,还可以用作通用的黑匣子优化工具。
更多详情
可扩展的深度学习基础架构
随着深度学习技术的发展,使用了更大,更复杂的深度神经网络,并且在单个GPU上进行训练变得非常耗时。因此,深度学习的计算基础架构需要可扩展。截至2019年9月,它拥有3个GPU群集(超级计算机),总共运行2,560个GPU。总计算能力达到200 petaflops。此外,我们正在开发自己的深度学习加速器芯片。该芯片将用于计划于2020年开始运行的大型集群MN-3,并将显着提高每功率的性能。
 
带有1,024个NVIDIA Volta GPU的超级计算机MN-2
 
具有原始设计的深度学习加速器芯片MN-Core。计划于2020年在我们的数据中心中使用
组织实力
尽管是一家年轻的公司,但它已经证明了自己的业绩。例如,我们获得了丰田,发那科,NTT等公司的战略投资,还获得了国际奖项,例如《 2017年金融时报》,《 2017年安赛乐米塔尔大胆企业奖》,技术奖和《福布斯》日本年度首席执行官。 ..
使命是“在最短的时间内为客户提供最新技术”。研究人员和工程师一直在关注研究社区和开源社区的趋势,并且熟悉计算机科学(尤其是深度学习)和机器人技术的最新技术。新想法将立即在内部进行测试,如果好的话,将立即纳入我们的解决方案中。这取决于研究人员和工程师均具有世界一流的技术能力,但除此之外,我们还有以下四个“价值声明”,并且我们始终会“做某事”。这也是因为你一直在问自己。
•动机驱动(基于热情)
•学习或死亡
•骄傲而谦虚(骄傲而谦虚)
•大胆做没人做过的事(大胆做没人做的事)
因此,最重要的管理资产是员工。在国际学生编程竞赛(ICPC),TopCoder,Kaggle和国际信息奥运会上,许多研究人员和工程师都受到了国际上的高度评价。同时,它不仅是计算机科学领域的专家,而且是各个专业领域的专家,也是来自世界各地的一群人。凭借深度学习及其应用领域的世界一流人才和独特的计算资源,它已成为深度学习的世界参与者。

物体認識、制御、異常検知、最適化などの技術を産業用ロボット・工作機械に適用しています。機械学習・深層学習を活用した新機能は2017年からファナック商品に実装され、製造現場への導入が進んでいます。

  • ・AI熱変位補正機能(機械学習:最適化)

  • ・AIバックフローモニタ(深層学習:異常検知)

  • ・AIサーボチューニング(機械学習:最適化)

  • ・AIバラ積み取り出し(深層学習:物体認識・制御)

  • ・AIサーボモニタ(深層学習:異常検知) ※現在PoC

  • ・AI良否判定機能(機械学習:物体認識) ※現在PoC

  • 自動運転やコネクテッドカーに欠かせない物体認識技術や車両情報解析などを、トヨタ自動車と2014年から共同研究開発しています。

  • 深層学習を用いて、オミックス解析・医用画像解析・化合物解析を中心に研究開発と事業化を行っています。

  • 血液によるがんの早期診断の実用化を目指し、海外では2018年11月に米国で(三井物産株式会社との合弁会社)を設立しています

  • ロボットが身近な場所で活躍する社会の実現に向けて、パーソナルロボットの研究開発を行っています。CEATEC JAPAN 2018では、トヨタ自動車のHSRを使い、最先端の深層学習技術を応用した「全自動お片付けロボットシステム」を展示。

  • 物をつかむ/置く、動作計画を立てる、人の指示に対応するなど、ロボットが人間の生活空間で仕事をするために必要な物体認識・ロボット制御・音声言語理解技術に最先端の深層学習を用いています

  • 我们正在将对象识别,控制,异常检测和优化等技术应用于工业机器人和机床。自2017年以来,在FANUC产品中已实现了利用机器学习和深度学习的新功能,并将其引入制造现场。

  • ・ AI热位移校正功能(机器学习:优化)

  • ・ AI回流监控器(深度学习:异常检测)

  • ・ AI伺服调整(机器学习:优化)

  • ・ AI批量卸载(深度学习:对象识别/控制)

  • ・ AI伺服监控器(深度学习:异常检测)*当前PoC

  • ・ AI质量判断功能(机器学习:物体识别)*当前PoC

  • 自2014年以来,我们一直与丰田汽车公司进行对象识别技术和车辆信息分析的联合研发,这对于自动驾驶和联网汽车必不可少。

  • 我们正在以组学分析,医学图像分析和使用深度学习的化合物分析为中心进行研发和商业化。

  • 2018年11月,我们与美国三井物产株式会社(Mitsui&Co.,Ltd.)在海外建立了一家合资企业,旨在将血液癌症纳入早期诊断。

  • 我们正在研究和开发个人机器人,以实现在熟悉的地方机器人扮演积极角色的社会。在CEATEC JAPAN 2018上,我们将使用丰田的HSR展示采用最新深度学习技术的“全自动清洁机器人系统”。

  • 用于对象识别,机器人控制和口头语言理解技术的最新深度学习,是机器人在人类居住空间中工作所必需的,例如抓取/放置对象,制定运动计划和响应人类指令。

06.-チャットボットが新型コロナウイルス対策で業務負担を軽減.jpg
02.-チャットボットとは?今更聞けない人のために超解説!.jpg
index_d (2).jpg
5e86c650-8b88-49ca-bcd2-0e0255d12c3e_06_
17002437_01.gif
03.png
unnamed (2).jpg
download.jpeg
mv_bi.jpg
index_d.jpg
0.jpeg
pic_list.jpg
unnamed (1).png
pic_list (2).jpg
mv_ai.jpg
mv_cloud.jpg
mv_robotics.jpg
mv_construction.jpg
mv_manufacturing.jpg
mv_healthcare.jpg
mv_agriculture.jpg
mv_distribution.jpg
hero_individual_pc (1).jpg
strategy_R.7dd7eac9.png

Management philosophy

Practical use of cutting-edge technologies in the shortest path We are aiming to solve problems in the real world that have been difficult to solve by putting cutting-edge technologies such as deep learning into practical use in the shortest path. Deep learning perspective
Deep learning is an innovative technology in computer science. This technology is being quickly applied to a wide range of application fields. This paper shows why deep learning is innovative, and discusses various applications that deep learning enables for the first time. Then I will explain why we believe we are competitive in this area.
Deep learning: information processing innovation
Deep learning is changing the world of IT. In classical information processing, the programmer had to explicitly specify each step of the process. In deep learning, programming is done by training the deep neural network by giving examples of inputs and outputs. This opens the way for IT to automate problems that are difficult to write explicitly, such as image recognition and cancer diagnosis.
There is no doubt that the changes in programming due to deep learning have been major changes since the invention of the digital computer in the 1940s. Through deep learning, the range of problems that can be solved by information systems has expanded dramatically, such as robotics, autonomous driving, cancer diagnosis, drug discovery, and sports analysis. , Strategic collaboration with leading companies/organizations in areas where new value can be created by applying deep learning. Some examples are shown below.
Cancer diagnosis
We are trying to diagnose cancer by analyzing extracellular RNA in blood with the National Cancer Center. Although RNA is usually inside cells, its fragments sometimes come out of the cell, and it is called exRNA. It is expected that various types of cancer can be diagnosed by examining the expression level of exRNA in blood. Scientists were looking for more than 4,000 different exRNAs that predominantly work against each cancer. The team succeeded in obtaining higher diagnostic accuracy than before by analyzing the comprehensive pattern of all 4,000 exRNA expression levels by deep learning.
 
Steps of cancer diagnosis by blood test. Blood samples are analyzed by gene sequencer and the expression level of exRNA of more than 4,000 species is analyzed by deep neural network.
Entertainment
Deep learning is also transforming the entertainment industry. Using the latest deep generative models, Crypko can generate virtually endless unique characters that do not appear in the training data set, ie do not infringe the copyrights of others. It is also possible to synthesize a plurality of characters to generate a character having each characteristic together.
 
Character composition in Crypko. By combining the above two characters, you can create a new character that combines the characteristics of the original character as shown in the lower row.
Sports analysis
Sports such as professional baseball and soccer now generate a large amount of data. Data analysis to build stronger teams is already widespread. However, in team sports such as soccer, it was technically difficult to quantify the player's contribution when the ball was not held. Deep learning, which can analyze the overall condition of all players, visualizes such contributions. In collaboration with Sports Technology Lab (STL), we are promoting the use of deep learning in soccer analysis, and are developing play analysis algorithms and player posture estimation algorithms. STL announced the release of products based on this technology in 2019.
 
Soccer analysis example. Attitude recognition
 
Player position and orientation
 
Tactical level analysis
Refinery optimization
Joint research with JXTG Holdings to optimize and automate refineries. A typical refinery is a highly complex system with hundreds of processes and thousands of sensors and actuators. Since the amount of petrochemical products produced by refineries is extremely large, a slight improvement in productivity leads to a large cost reduction. By combining deep learning technology and optimization technology, we aim to optimize and automate huge and complex refineries.
Robotics
At CEATEC Japan in October 2018, we exhibited a fully automatic cleaning robot using Toyota's HSR (Human Support Robot). This robot identifies clothes, toys, and the like scattered in a living room at home and puts them away at a designated place. Until now, image recognition technology and robot control technology have made it difficult to work in such a free environment. We succeeded in solving this difficult task by utilizing the world's highest level image recognition by deep learning and the pose recognition of each object. The robot can also be intuitively controlled by human voices and gestures.
 
Automatic cleaning robot exhibited at CEATEC Japan 2018. Robot recognizes various objects scattered on the floor of the living room
 
Furthermore, it recognizes the posture of the object and grasps it correctly
education
Deep learning enables a new type of programming, namely "inductive programming" by way of example. Since the way of thinking of programming is completely different from before, it is necessary to create teaching materials for programming. We have prepared materials for inductive programming in cooperation with the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology.
 
"Mars language recognizer" and a class at an elementary school using it. Train a deep neural network in which children come up with numbers in'Martian' and recognize them
 
Use this tool to explain the concept of "inductive programming"
As mentioned above, some of the various applications enabled by deep learning are shown. These applications are just a few of the possibilities that extend before our eyes. We will continue to pursue these possibilities in cooperation with leading companies in various industries.
Next, let us consider the computing environment required for deep learning.
Computing environment
Deep learning has a computational load (workload) that is significantly different from conventional programming. Therefore, conventional computer architectures cannot efficiently perform the computations required by deep learning. In order to accelerate the technology development of deep learning, we are making a large-scale investment in a computing environment specialized for deep learning. As such, there are few companies in the world that have full-stack deep learning technology that spans from hardware to software.
Chainer™: Flexible Deep Learning Framework
Chainer is an open source deep learning framework. It was developed in May 2015 to accelerate in-house research and development, and was released as open source in June of the same year. The technology related to deep learning is very actively researched and developed, and every week, a new kind of deep neural network is proposed. Chainer's “define-by-run” function, that is, the ability to dynamically configure a deep neural network while looking at input data, has made it possible to quickly re-implement and test new ideas. This “define-by-run” feature has recently been incorporated into Google's TensorFlow and Facebook's PyTorch.
Chainer is designed as a natural extension of Python, a programming language commonly used by many data scientists, and is seamlessly integrated with CUDA provided by NVIDIA to enable efficient computation on the GPU. This allows programmers familiar with Python to develop deep learning systems in a short amount of time and integrate with existing data and data analysis applications. As of 2019, Chainer is supported on major platforms such as NVIDIA, Intel, AWS and OpenPower.
More Detail
Optuna™: Hyperparameter optimization tool
In the current deep learning, tuning of hyperparameters such as the number of training iterations, the number of neural network layers and channels, the learning rate, and the batch size is essential for improving performance. The hyperparameter optimization tool Optuna automates this work that many developers do by manual trial and error. Optuna is an open source software that we developed, and it is possible to search for the optimal combination of hyperparameters efficiently by using the latest technology such as Bayesian optimization. Optuna can be used not only with Chainer but also as a general-purpose black box optimization tool.
More Detail
Scalable deep learning infrastructure
As deep learning techniques evolve, larger and more complex deep neural networks are being used, and their training is becoming too time-consuming on a single GPU. For this reason, the computational infrastructure for deep learning needs to be scalable. As of September 2019, has three GPU clusters (supercomputers) and operates a total of 2,560 GPUs. Total computing power reaches 200 petaflops. In addition, we are developing our own deep learning accelerator chip. This chip will be used in a large-scale cluster MN-3, which is scheduled to start operation in 2020, and will dramatically improve the performance per electric power.
 
Supercomputer MN-2 with 1,024 NVIDIA Volta GPUs
 
Deep learning accelerator chip MN-Core designed by PFN. Planned to be used in our data center in 2020
Strength as an organization
Although a young company, it has already proven its track record. For example, we received strategic investment from Toyota, FANUC, NTT, etc., and also received international awards such as the 2017 Financial Times 2017 ArcelorMittal Boldness in Business Awards – Technology Award and Forbes Japan's CEO of the Year 2016. ..
The mission is to “deliver the latest technology to customers in the shortest time”. Researchers and engineers are constantly watching trends in the research community and open source community, and are familiar with the latest technologies in computer science (especially deep learning) and robotics. New ideas are immediately tested in-house and, if good, are immediately incorporated into our solution. This depends on the fact that the researchers and engineers each have world-class technical capabilities, but in addition, we have the following four “Value Statements” and we always do “something”. It's also because you keep asking yourself.
• Motivation Driven (based on enthusiasm)
• Learn or Die
• Proud but Humble (Proud but Humble)
• Boldly do what no one has done before (Boldly do what no one has done)
Thus, the most important management asset is the employee. Many of the researchers and engineers have been highly evaluated internationally at the International Student Programming Contest (ICPC), TopCoder, Kaggle, and the International Information Olympics. At the same time, it is a group of diverse talents, not only in computer science but also in various specialized fields, and also a group of people from all over the world. With world-class talents in deep learning and its application fields, and unique computing resources, it has become a world player in deep learning.

プロジェクト構築事例

1.受託開発 CASE 1口座振替システム

顧客からの振込金額を取り纏めて別口座へ移す。
他システムと連携し入金額、振込金額に間違いがないか確認するシステム。

複雑な手数料の計算ルールを漏れなくシステム化することで事務員の人件費を30%削減

  • 費用500万円

  • 工期3ヶ月

  • 体制最大3名

  • 言語C#、ASP.NET

  • DBSQL Server

 

2.受託開発 CASE 2会計パッケージ導入

既存のVBシステムから会計部分をパッケージに移行
要件定義~パイロット導入~データ移行の流れで本稼働まで支援。

パッケージだけでなく基幹システムとの連携ツールを提供することで運用費用を30%削減

  • 費用800万円

  • 工期4ヶ月

  • 体制最大3名

  • 言語C#

  • DBSQL Server

 

3.受託開発 CASE 3基幹業務システムリニューアル

売上管理および見積作成を含む帳票関連も管理。外部会計システムにも連携既存業務フローを変更することなく柔軟なシステム設計で業務の効率化を図り作業効率を30%アップ

  • 費用700万円

  • 工期4ヶ月

  • 体制最大3名

  • 言語VBA DB

  • DBSQL Server

 

なぜ経費削減やコストダウンが可能になるのか?

私たちは上流工程からの提案と設計が出来るからです。

具体的にどのような改善を行ってきたか

  1. 課題1

同じ申請書類でも毎回手書きで記入しなければならない。

解決

パッケージシステムを積極的に提案し初期投資を抑えた業務システム化の実現。

  1. 課題2

社内の業務フローを強化して利益増・業務効率化させたい。

解決

すべての書類を1つのシステムに集約し一元管理。作業効率を大幅にアップ。

  1. 課題3

既存社内システムの画面が複雑で使い難い。

解決

徹底的に現場にヒヤリングを行い独自の操作画面を構築し研修コストを大幅にダウン。

1.私たちの強み1

  1. POINT1

HOCITグループ全体で100名規模のエンジニアが在籍

私たちはこれまでに業種やジャンルに特化することなくあらゆる分野のシステムを構築してきました。基幹となる業務一式をシステム化した基幹系、通常業務で運用される処理系のシステム、会員管理・予約管理等のデータ管理系のシステム、メール配信等のネットワーク系システム、ホームページを絡めたウェブ系システムetc…多種多様な分野にチャレンジしてきた実績が完成度の高いシステム開発を支えています。

  1. POINT2

短期客先常駐も可能

初めてのお客様にとっては特に、コミュニケーションや技術力が懸念点であることは間違いないでしょう。弊社ではお客様との方向性の一致や今後の円滑なプロジェクト遂行のために1ヶ月程度の客先常駐を行うことでより高いクオリティを担保していきます。

  1. POINT3

高品質なシステムを構築致します。

弊社を継続してご利用いただくお客様は東証1部上場企業をはじめ、勢いのある企業様が多くいらっしゃいます。そのようなお客様からのご支持を得て、継続してご契約を頂いており、製造ラインが年々増えています。バイネームでエンジニアをご指名されるお客様もいらっしゃり、弊社の技術力を高評価いただいています。

プロジェクトの特性・工期・予算に合わせ最適なソリューションを提案

  1. 分析・要求定義

現状分析要求定義

  1. 設計

システム設計インターフェース設計プログラム設計

  1. 構築・開発

サーバー構築プログラミング単体テスト

  1. テスト

結合テストシステムテスト運用テスト

  1. 運用・保守

運用・保守

  1. スクラッチ開発から各種パッケージソリューションのコンサルタント及び開発まで対応致します。

3.取り扱いソリューション

5.先端技術研究   画像処理、ドローン、IoT 、AI、RPA、画像生成等々

 

  • Salesforce、orcale、SAP,MICRSOFT

ERP導入支援

確かなソリューションを構築致します。

ERPは、クラウドコンピューティング市場におけるシェア、営業・サポート・マーケティングのソリューションともに全世界No.1を誇る、業界最大のシェアサービスです。クラウド型のビジネスアプリケーションを提供しています。

 

  • kintone

Kintone導入支援

確かなソリューションを構築致します。

業務アプリを直感的に作成でき、チーム内で共有して使えます。 社員間のつながりを活性化する社内SNSとしての機能も備えているため、スピーディーに情報共有ができます。

 

  • 米UiPath社Automation Anywhere社,NTTDATA社WinActor,

RPA導入支援

確かなソリューションを構築致します。

Windows端末のあらゆるアプリケーションの操作手順をシナリオとして学習し、自動化・実現できるソフトウェア型ロボットです。

私たちの強み

RPAへの取組

HOCITグループは日本の労働環境の変化にも対応。

先進国の中でも先行して高齢化が進む日本において、将来に向けた企業競争力の維持、生産性の向上のためには、新たなテクノロジーの活用が求められており、RPA今後業務改善には必要な技術です。

  1. POINT1

人手不足の今後の経緯

 

  1. POINT2

人手不足解消のキーワードは「RPA」

すでに大手金融機関では、国内外問わずRPAを導入し始めており一定の効果が確認されています。
また、海外ではローンや振り込みといったコア業務への適用もみられています。

金融機関

適応業務

効果 (副次効果を含む)

海外※

オーストラリア・ニュージーランド銀行

・振込業務の一部
(時間を要するエラー対応)

・要因削除(40人→2人)
・余剰人員の再配置

バークレイズ銀行

・売掛金対応
・不正口座の解約
・ローン申請

・FTEの削減(120人分)
・貸倒引当金の削減

国内

三菱東京UFJ銀行

・1時間おきに社内システムにアクセスしてデータをチェックしエクセルにコピーする作業等
・これ以外も含めて約20業務へ適用

・稼働削減(8,000時間分/年)

住信SBIネット銀行

・新商品・新サービス導入に伴い、複数の業務端末を駆使している業務

・一部の作業時間短縮(1/10)

オリックスグループ

・営業事務処理
(リース業務に関する与信事務手続等)

ピーク時の処理遅延防止

日本生命保険

・請求書データのシステム入力
(銀行窓販部門)

・作業時間短縮(数分/件→約20秒/件)

RPA導入事例

自動発注の仕組み

【業務内容】
販売管理システムへ入力してある発注情報のうち発注対象となる情報を選別し読み取る。
発注先の発注管理システムへ入力し、発注をかける。その後、発注先の返答情報を販売管理システムへ入力する。

月間発注件数・・・約1,400件中、1,000件を自動化済み

一日平均3時間30分の残業時間の削減

  1. 私たちの強み3

全国にあるHOCITループにて
豊富なエンジニア人材にて
多様な開発言語での開発が可能

対応言語

プロジェクトの特性・工期・予算に合わせて弊社の多様な経験とスキルの中から最適なソリューションを提案

Project construction example

1. Contract development CASE 1 account transfer system

Collect the transfer amount from the customer and transfer it to another account.

A system that cooperates with other systems to check whether the deposit amount and transfer amount are correct.

By systematizing complicated calculation rules for fees, the personnel cost of clerks is reduced by 30%.

o Cost 5 million yen

o Construction period 3 months

o Maximum 3 people

o Language C#, ASP.NET

o DBSQL Server

 

2. Contract development CASE 2 Accounting package introduced

Transfer accounting part from existing VB system to package

Assistance until production starts with the flow of requirement definition-pilot introduction-data migration.

30% reduction in operating costs by providing not only packages but also tools for linking with core systems

o Cost 8 million yen

o Construction period 4 months

o Maximum 3 people

o Language C#

o DBSQL Server

 

3. Contract development CASE 3 Core business system renewal

Manages form related matters including sales management and quotation creation. Link with external accounting system Work efficiency is improved by flexible system design and work efficiency is increased by 30% without changing existing work flow

o Cost 7 million yen

o Construction period 4 months

o Maximum 3 people

o Language VBA DB

o DBSQL Server

 

Why is it possible to reduce costs and costs?

Because we can propose and design from the upstream process.

What kind of improvements have been made specifically

1. Challenge 1

You must fill in the same application documents by hand every time.

Solution

Realize a business system that actively proposes a package system and suppresses initial investment.

2. Challenge 2

We would like to strengthen the internal business flow to increase profits and improve operational efficiency.

Solution

Centrally manage all documents in one system. Greatly improves work efficiency.

3. Challenge 3

The screen of the existing in-house system is complicated and difficult to use.

Solution

We conducted a thorough hearing on site to construct our own operation screen and significantly reduced training costs.

1. Our strength 1

1. POINT1

There are 100 engineers in the entire HOCIT group

So far, we have built systems for all fields without specializing in industries or genres. A core system that systemizes a set of core business, a processing system that is normally operated, a data management system such as member management/reservation management, a network system such as mail delivery, a web system involving a home page Systems etc. Our track record in various fields supports the development of highly complete systems.

2. POINT2

Short-term customer residence is also possible

There is no doubt that communication and technical capabilities are a concern, especially for first-time customers. We will ensure a higher quality by staying at the customer for about one month in order to match the direction with the customer and to carry out the project smoothly in the future.

3. POINT3

We will build a high quality system.

Many customers who continue to use our company, such as companies listed on the First Section of the Tokyo Stock Exchange, have a lot of momentum. With the support of such customers, we continue to have contracts, and the number of production lines is increasing year by year. There are some customers who appoint an engineer with a bi-name, and our technology is highly evaluated.

Proposing the optimal solution according to the characteristics, construction period, and budget of the project

4. Analysis and requirement definition

Status analysis requirements definition

5. Design

System design Interface design Program design

6. Construction/development

Server building programming Unit test

7. Test

Integration test System test Operation test

8. Operation and maintenance

Operation/Maintenance

2. We support from scratch development to consulting and development of various package solutions.

3. Handling solution

5. Advanced technology research Image processing, drones, IoT, AI, RPA, image generation, etc.

 

o Salesforce, orcale, SAP, MICRSOFT

ERP introduction support

We will build a reliable solution.

ERP is the industry's largest share service, boasting the world's No. 1 share in the cloud computing market and sales, support, and marketing solutions. We provide cloud-type business applications.

 

o kintone

Kintone introduction support

We will build a reliable solution.

You can intuitively create business applications and share them with your team. Since it also has a function as an in-house SNS that activates the connections between employees, information can be shared quickly.

 

o UiPath Company Automation Anywhere Company, NTTDATA Company WinActor,

RPA introduction support

We will build a reliable solution.

It is a software robot that can learn the operation procedure of all applications of Windows terminal as a scenario, automate and realize it.

 Our strengths

Initiatives for RPA

The HOCIT Group responds to changes in the Japanese work environment.

In Japan, where aging is ahead of other advanced countries, the use of new technology is required to maintain corporate competitiveness and improve productivity for the future. Required technology.

4. POINT1

Future circumstances of labor shortage

 

5. POINT2

"RPA" is the key word to solve the labor shortage

Major financial institutions have already begun to introduce RPA both inside and outside Japan, and certain effects have been confirmed.

Overseas, it is also being applied to core business such as loans and transfers.

Financial institution Adaptive business effect (including side effects)

Overseas *Australia/New Zealand Bank-Part of transfer business

(Responding to an error that requires time)-Cause removal (40 → 2)

・Relocation of surplus personnel

Barclays Bank-Accounts receivable

・Termination of fraudulent account

・Loan application ・Reduction of FTE (for 120 people)

・Reduction of allowance for loan losses

Domestic Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ ・Every hour, access to in-house system to check data and copy to Excel

・Applicable to about 20 jobs including those other than this ・Operation reduction (8,000 hours/year)

Sumishin SBI Net Bank ・Business that makes full use of multiple business terminals due to the introduction of new products and services ・Some work time reduction (1/10)

ORIX Group-Sales office processing

(Credit procedures related to leasing business) Prevention of processing delays during peak hours

Nippon Life Insurance ・Invoice data system input

(Bank window sales department) ・Reduction of work time (several minutes/case → about 20 seconds/case)

RPA case study

Automatic ordering mechanism

[Business description]

Among the order information input to the sales management system, the information to be ordered is selected and read.

Input into the order management system of the supplier and place an order. Then, the reply information of the supplier is input to the sales management system.

Monthly ordering...1,000 out of about 1,400 have been automated

Average reduction of overtime of 3 hours 30 minutes per day

2. Our strength 3

At HOCIT loops nationwide

With a wealth of engineer personnel

Development in various development languages ​​is possible

supported language

Proposing the optimal solution from our diverse experience and skills according to the characteristics, construction period, and budget of the project

项目实例

1.合同开发案例1帐户转帐系统

收集客户的转账金额并将其转账到另一个帐户。

与其他系统配合检查存款金额和转账金额是否正确的系统。

通过将复杂的费用计算规则系统化,文员的人事成本降低了30%。

o花费500万日元

o建设期3个月

o最多3人

o语言C#,ASP.NET

o DBSQL服务器

 

2.合同开发案例2引入了会计软件包

将会计部分从现有的VB系统转移到包

从需求定义-试点引入-数据迁移的流程开始直到生产的协助。

通过不仅提供软件包,还提供与核心系统链接的工具,可将运营成本降低30%

o花费800万日元

o建设期4个月

o最多3人

o语言C#

o DBSQL服务器

 

3.合同开发案例3核心业务系统更新

管理与表格相关的事务,包括销售管理和报价创建。与外部会计系统连接通过灵活的系统设计提高了工作效率,并且在不改变现有工作流程的情况下将工作效率提高了30%

o花费700万日元

o建设期4个月

o最多3人

o语言VBA数据库

o DBSQL服务器

 

为什么可以降低成本和成本?

因为我们可以从上游流程中进行建议和设计。

具体做了哪些改进

1.挑战1

您每次必须手动填写相同的申请文件。

实现一个主动提出打包系统并抑制初始投资的业务系统。

2.挑战2

我们希望加强内部业务流程,以增加利润并提高运营效率。

在一个系统中集中管理所有文档。大大提高工作效率。

3.挑战3

现有内部系统的屏幕复杂且难以使用。

我们在现场进行了一次全面的听证会,以构建自己的操作屏幕并显着降低了培训成本。

1.我们的实力1

1. POINT1

整个HOCIT组中有100名工程师

到目前为止,我们已经针对所有领域构建了系统,而没有专门研究行业或类型。系统化一组核心业务的核心系统,正常运行的处理系统,诸如会员管理/预订管理之类的数据管理系统,诸如邮件传递之类的网络系统,包含主页的Web系统系统等。我们在各个领域的往绩记录支持开发高度完整的系统。

2.点2

也可以短期客户居住

毫无疑问,通信和技术能力是一个问题,特别是对于首次使用的客户。我们将在客户处待一个月左右以确保与客户的方向相匹配,并在将来顺利进行该项目,从而确保更高的质量。

3.点3

我们将建立一个高质量的系统。

许多继续使用我们公司的客户,例如东京证券交易所第一部分上市的公司,势头强劲。在这些客户的支持下,我们继续签有合同,生产线的数量逐年增加。有一些客户任命了一个双名工程师,我们的技术得到了高度评​​价。

根据项目的特点,工期和预算提出最佳解决方案

4.分析和需求定义

状态分析需求定义

5.设计

系统设计界面设计程序设计

6.建设/开发

服务器构建编程单元测试

7.测试

集成测试系统测试操作测试

8.操作与维护

操作/维护

2.我们支持从头开发到各种包装解决方案的咨询和开发。

3.处理方案

5,先进技术研究图像处理,无人机,IoT,AI,RPA,图像生成等。

 

o Salesforce,orcale,SAP,MICRSOFT

ERP简介支持

我们将建立一个可靠的解决方案。

ERP是业界最大的共享服务,在云计算市场以及销售,支持和营销解决方案方面拥有全球第一的份额。我们提供云型业务应用程序。

 

Økintone

Kintone简介支持

我们将建立一个可靠的解决方案。

您可以直观地创建业务应用程序并将其与您的团队共享。由于它还具有激活员工之间的连接的内部SNS功能,因此可以快速共享信息。

 

o UiPath Company Automation Anywhere公司,NTTDATA公司WinActor,

RPA简介支持

我们将建立一个可靠的解决方案。

它是一种软件机器人,可以作为场景学习Windows终端的所有应用程序的操作过程,并自动实现。

 我们的优势

RPA倡议

HOCIT集团响应日本工作环境的变化。

在老龄化领先于其他发达国家的日本,需要使用新技术来保持企业竞争力并提高未来的生产率。所需技术。

4.点1

未来劳动力短缺的情况

 

5.点2

“ RPA”是解决劳动力短缺的关键词

主要的金融机构已经开始在日本国内外引入RPA,并且已经证实了某些效果。

在海外,它也被应用于核心业务,例如贷款和转让。

金融机构适应性业务效应(包括副作用)

海外*澳大利亚/新西兰银行-转账业务的一部分

(响应需要时间的错误)・删除要素(40人→2人)

・剩余人员的搬迁

巴克莱银行应收账款

・终止欺诈账户

・贷款申请・减少FTE(120人)

・减少贷款损失准备金

东京三菱UFJ国内银行・每小时均可使用内部系统检查数据并复制到Excel

・适用于除此以外的约20个工作・减少作业(8,000小时/年)

Sumishin SBI Net Bank ・由于引入新产品和服务而充分利用多个业务终端的业务・减少一些工作时间(1/10)

欧力士集团营业所处理

(与租赁业务有关的信贷程序)防止高峰时段的处理延迟

日本人寿・发票数据系统输入

(银行窗口销售部门)・减少工作时间(几分钟/案例→大约20秒/案例)

RPA案例研究

自动订购机制

[业务描述]

在输入到销售管理系统的订单信息中,选择并读取要订购的信息。

输入供应商的订单管理系统并下订单。然后,将供应商的回复信息输入到销售管理系统。

每月订购...约1400个中的1000个已自动化

每天平均减少3小时30分钟的加班时间

2.我们的实力3

在全国HOCIT循环

拥有丰富的工程师人才

可以使用各种开发语言进行开发

支持的语言

根据项目的特点,建设周期和预算,利用我们丰富的经验和技能提出最佳解决方案

先端技術研究会画像処理、ドローン、IoT 、AI、RPA、画像生成

RPA

Training – RPAツール

受講後すぐに業務で活用できる
シナリオ開発・運用ノウハウ満載
入門~上級までの実践型トレーニング


これからRPAの導入検討、ツール選定をされる方は セミナーがおすすめです。

 

米UiPath社基礎がしっかり学べる初級、ツール活用の知識を深める中級、OrchestratorやAPI連携まで学べる上級、UiPath社公式の速習プログラム(入門)の4コースをご用意

音声入力型RPAでデータ入力軽減

 

Automation Anywhere基礎がしっかり学べる初級、ツール活用の知識を深める中級、OrchestratorやAPI連携まで学べる上級、Automation Anywhere社公式の速習プログラム(入門)の4コースをご用意


基礎がしっかり学べるビギナー、熟練者向けのエキスパートのコースをご用意

受講特典として、WinActor試供版ライセンスをプレゼント!

NTTデータの既存のお客様に「WinActor」の提案を行っています。最近はお客様もRPAについて事前に知識をお持ちのことが多く、他社に対する優位性やOCRなど他のツールとの連携、導入後の拡張計画などについてお話することが多くなっています。実際にデモを行ってお客様が「これなら改善できそうだ」とニーズにフィットした時は手ごたえを感じます

RPAがアパレルECにもたらす業務効率化

 

司法書士法人でRPAを用いた登記書類の自動作成の共同研究及び実運用を開始

メディカルRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)

物件情報の取得・更新を自動対応不動産業界特化型RPA「不動産コボットfor物件取得」の提供開始

産業分野のRPA活用を支援する『産業RPAコンサルティング』サービスを提供開始

 

 貿易・国際物流業界の業務効率化を支援/『貿易RPAソリューション~B/L作成業務自動化パッケージ~』開始

AI・RPAクラウド/業界・業務特化型クラウド

 

 

先进技术研究会 图像处理,无人机,物联网,人工智能,RPA,图像生成

RPA

培训– RPA工具

出勤后可立即用于业务

充满了场景开发和操作诀窍

从入门到高级的实践培训

 

对于那些正在考虑引入RPA和选择工具的人,我们建议举办一个研讨会。

 

有4门课程:初学者可以扎实地学习UiPath Inc.的基础知识,中级水平可以加深工具的使用知识,高级水平可以学习Orchestrator和API合作,UiPath官方加速程序(入门)

 

我们提供4门课程:可以学习Automation Anywhere基础知识的初学者,可以加深工具使用知识的中级知识,可以学习Orchestrator和API合作的高级知识以及Automation Anywhere官方加速程序(简介)。

 

我们为初学者提供可以扎实地学习基础知识的专家课程和专家课程

 

WinActor试用版许可证将被授予特权!

我们向现有的NTT DATA客户建议“ WinActor”。最近,我们的客户通常具有RPA的先验知识,并且我们经常谈论它们相对于其他公司的优势,与其他工具(如OCR)的合作以及实施后的扩展计划。当客户实际进行演示并且客户满足他们的需求时,“我认为这可以改善”,我感到了回应。

RPA带给服装EC的业务效率提高

 

在司法书记公司开始联合研究并使用RPA自动创建注册文件的实际操作

医用RPA(机器人过程自动化)

自动支持财产信息的获取和更新,开始提供专门针对房地产行业的RPA“用于财产获取的房地产Cobot”。

开始提供“工业RPA咨询”服务,以支持RPA在工业领域中的利用

 

支持贸易/国际物流行业的业务效率提高/开始“贸易RPA解决方案-提单创建业务自动化程序包-”

AI / RPA云/行业/业务专用云

 

Advanced Technology Research Group Image Processing, Drone, IoT, AI, RPA, Image Generation

RPA

Training – RPA Tool

Can be used in business immediately after attendance

Full of scenario development and operation know-how

Hands-on training from beginner to advanced

 

For those who are considering introducing RPA and selecting tools, we recommend a seminar.

 

There are 4 courses: beginners who can firmly learn the basics of UiPath Inc., intermediate level who deepen knowledge of tool utilization, advanced level who can learn Orchestrator and API cooperation, UiPath official speed-up program (introduction)

 

There are 4 courses: Beginner to learn the basics of Automation Anywhere firmly, Intermediate to deepen the knowledge of tool utilization, Advanced to learn Orchestrator and API linkage, and Automation Anywhere official speed-up program (introduction).

 

We offer beginners who can learn the basics firmly and expert courses for experts

 

WinActor trial version license will be given as a privilege!

We are proposing "WinActor" to existing NTT DATA customers. Recently, our customers often have a prior knowledge of RPA, and we often talk about our advantages over other companies, cooperation with other tools such as OCR, and expansion plans after implementation. When the customer actually does the demonstration and the customer fits their needs, "I think this could be improved", I feel the response.

Business efficiency improvement that RPA brings to apparel EC

 

Commenced joint research and actual operation of automatic creation of registration documents using RPA at judicial scrivener corporation

Medical RPA (Robotic Process Automation)

Automatically supports acquisition and update of property information. Started providing RPA "Real Estate Cobot for Property Acquisition" specialized for the real estate industry.

Started providing "industrial RPA consulting" service to support the utilization of RPA in the industrial field

 

Support for business efficiency improvement in the trade/international logistics industry / Start of "Trade RPA solution-B/L creation business automation package-"

AI/RPA cloud/Industry/business-specific cloud

Motivation-Driven

熱意を元に

組織文化を表す上で欠かすことができないのは、メンバーのモチベーション主導である、ということです。
モチベーションがある(つまり”熱中している”)ということは、真剣に成果と向き合っている、ということを意味します。
プロジェクトの成果に意義を見出し、強いモチベーションがあれば、私たちはそれぞれのチームのメンバーの成果にも貢献しようとします。これはチームワークで成果を出す、ということとも同義です。
このカルチャーがあるからこそ、私たちは非常にフラットで、フレキシブル、かつ高いパフォーマンスを誇る組織であり続けられるのです。

 

Learn or Die

死ぬ気で学べ

メンバーは全員、学ぶことに非常に貪欲です。
挑戦する分野は変化の大きな分野であり、その中で私たちが最先端であり続ける為には、学ぶことが唯一の方法です。
私たちは一つのアイデアや、一つの技術、一つのドメインに固執しません。
たとえば、ソフトウェアエンジニアは、ハードウェアで新しいチャレンジをすることを望み、ハードウェアのリサーチャーはデザインに自分の分野を切り替えることにわくわくします。
その結果、多様なバックグラウンドを持つメンバーによって構成される、真の学習組織になるのです。

 

Proud, but Humble

誇りを持って、しかし謙虚にテクノロジーをコアとする会社です。私たちは、自分たちの成果に挑戦し続けます。
そうすることで、最高の人材を魅了し、仲間を増やし続けます。
同時に私たちは、何が自分たちでは実現できないか、ということについても正しい理解を持っています。
世の中に知らない事象や技術があることを認識し、それだからこそ、多様な専門分野を持つメンバーのアイデアを最大限にリスペクトできるのです。

 

Boldly do what no one has done before

誰もしたことがないことを大胆に為せ

より良い未来を描いて、技術で世界を変える ー 新しいソフトウェアやハードウェア、新しいサービスやビジネスの変革、これまでにない市場の創出に私たちは挑戦します。
「しかできないこと」をやることが、社会における私たちの使命だと考えます。

 

私たちの行動規範は「 Values」として4つの項目にまとめています。この4項目以外にも、私たちが企業活動を行う上で、大切にすべきことがあるのは言うまでもありません。たとえば、良き市民としてモラルやマナーを守り、会社の基本的な役割(お客様の成功を支援するなど)を果たすという規範があることはもちろん理解しています。その上で、これらValuesは「らしさ」を特徴づけるものであり、私たちはとても誇りに思っています。

深層学習の視座
深層学習は計算機科学における革新的技術である。この技術を広範な応用分野にいち早く適用している。この文書は、深層学習がなぜ革新的なのかを示した上で、深層学習によって初めて可能になる様々な応用について議論する。その上で、この領域で競争力を持つと信じる理由について述べる。
深層学習:情報処理の革新
深層学習はITの世界を大きく変えようとしている。古典的な情報処理では、プログラマが処理の各ステップを明示的に指定しなければならなかった。深層学習では、入出力の例示を与えて深層ニューラルネットワークを訓練することでプログラミングが行われる。このことは、入出力の仕様が明示的に書きくだすことの難しい問題、たとえば画像認識やがんの診断などをITによって自動化することに道をひらく。
深層学習によるプログラミングの変化は、1940年代にデジタル計算機が発明されて以来の大きな変革であることは間違いない。深層学習によって、情報システムで解ける問題の範囲が、ロボティクス、自動運転、がん診断、創薬、スポーツ解析など、格段に拡がっている。、深層学習を適用することで新たな価値を生むことのできる分野において、先進的な企業・組織と戦略的な協業を行っている。以下にいくつかの例を示す。
がん診断
、国立がんセンターと血液中の細胞外RNAを分析することにより、がんを診断する試みを行っている。RNAは通常細胞内にあるが、その断片が細胞外に出てくることがあり、exRNAと呼ばれる。血液中のexRNAの発現量を調べることで、様々な種類のがんを診断できることが期待されている。科学者たちは、4,000以上の種類があるexRNAのうち、それぞれのがんに支配的に効くものを探していた。チームは、4,000種以上のexRNA発現量全部による総合的なパターンを深層学習によって解析することにより、今までよりも高い診断精度を得ることに成功した。
 
血液検査によるがん診断のステップ。血液サンプルは遺伝子シーケンサで分析され、4,000種を超えるexRNA発現量が深層ニューラルネットワークで解析される。
エンターテインメント
深層学習はエンターテインメント業界も変革しつつある。Crypkoは、最新の深層生成モデルを使って、訓練データセットに現れない、すなわち他人の著作権を侵害しない、独自のキャラクタを事実上無限に生成することができる。また、複数のキャラクタを合成して、それぞれの特徴を併せ持ったキャラクタを生成することもできる。
 
Crypkoにおけるキャラクタの合成。上の2名のキャラクタを合成することで、下の段にあるような、元キャラクタの特徴を組み合わせた新しいキャラクタを生み出すことができる。
スポーツ解析
プロ野球やサッカーなどのスポーツは、今では大量のデータを生成している。より強いチームを作るためのデータ解析はすでに広く行われている。しかし、サッカーなどのチームスポーツにおいては、ボールを保持していない時の選手の貢献を定量化することは技術的に難しかった。すべての選手の状態を全体的に分析できる深層学習は、このような貢献を可視化する。Sports Technology Lab社(STL)と共同で、サッカー分析における深層学習の利用を進めていて、プレー解析アルゴリズムおよび選手の姿勢推定アルゴリズムを開発している。STL社はこの技術に基づく製品のリリースを2019年に発表した。
 
サッカーの解析例。選手の姿勢の認識
 
選手の位置と向き
 
戦術レベルの分析
製油所の最適化
JXTGホールディングス社と共同で製油所の最適化・自動化のための共同研究を行っている。典型的な製油所は、数百のプロセスと何千ものセンサ・アクチュエータを持つ、極めて複雑なシステムである。製油所が生産する石油化学製品の生産量は極めて大きいので、僅かな生産性の向上が大きなコスト削減につながる。深層学習技術と最適化技術を組み合わせることにより、巨大で複雑な製油所の最適化・自動化を狙っている。
ロボティクス
2018年10月のCEATEC Japanでトヨタ自動車のHSR(Human Support Robot)を用いた全自動お片付けロボットを展示した。このロボットは、家庭のリビングルームに散らかっている衣類や玩具などを識別し、予め指定された場所に片付ける。これまでの画像認識技術やロボット制御技術では、このような自由な環境での作業は困難だった。深層学習による世界最高レベルの画像認識と、それぞれの物体の姿勢認識を利用して、この難しいタスクを解くのに成功した。このロボットはさらに、人間の音声やジェスチャによって、直感的にコントロールすることもできる。
 
CEATEC Japan 2018で展示された自動お片付けロボット。ロボットは、リビングルームの床に散らかった様々な物体を画像認識する
 
さらに物体の姿勢を認識して正しく掴み上げる
教育
深層学習は、新しいタイプのプログラミング、すなわち例示による「帰納的プログラミング」を可能にする。プログラミングの考え方が今までと全く異なるため、プログラミング用の教材も新たに作る必要がある。文部科学省に協力して、帰納的プログラミングの教材を用意している。
 
「火星語認識器」とそれを使った小学校での授業の様子。「火星語」の数字を子供たちが考え出し、それを認識する深層ニューラルネットワークを訓練する
 
このツールを使って「帰納的プログラミング」の概念を説明
上記のように、深層学習で可能になる様々な応用の一端を示した。これらの応用は、私たちの眼前に広がる可能性のごく一部にすぎない。今後も様々な業界の先進的企業と協力して、これらの可能性を追求していく。
次に、深層学習が必要とする計算環境について考えてみよう。
計算環境
深層学習は今までのプログラミングと大きく異る計算負荷(ワークロード)を持つ。このため、今までのコンピュータ・アーキテクチャでは、深層学習が必要とする計算を効率的に実行できない。深層学習の技術開発を加速するために、深層学習に特化した計算環境に大規模な投資を行っている。ように、ハードウェアからソフトウェアに渡るフルスタックの深層学習技術を持つ企業は、世界でも数少ない。
Chainer™:柔軟な深層学習フレームワーク
Chainer はオープンソースの深層学習フレームワークである。2015年5月に、社内の研究開発を加速するために開発され、同年6月にオープンソースとして公開された。深層学習に関連する技術は非常に活発に研究開発されていて、毎週のように新しい種類の深層ニューラルネットワークが提案されている。Chainerの “define-by-run” 機能、すなわち深層ニューラルネットワークを入力データを見ながら動的に構成できる機能によって、新たなアイディアをいち早く再実装し、テストすることが可能になった。この “define-by-run” 機能は、近年になってGoogleのTensorFlowやFacebookのPyTorchにも取り入れられている。
Chainerは、多くのデータサイエンティストが常用するプログラミング言語Pythonの自然な拡張として設計され、さらにNVIDIA社が提供するCUDAとシームレスに統合されていて、GPU上での効率的な計算を可能にする。これにより、Pythonに慣れたプログラマであれば、短時間で深層学習のシステムを開発することができ、既存のデータやデータ分析アプリケーションと統合することができる。2019年現在、ChainerはNVIDIA、Intel、AWS、OpenPowerなどの主要プラットフォームでサポートされている。
More Detail
Optuna™:ハイパーパラメータの最適化ツール
現在の深層学習においては、性能向上のために、訓練反復数、ニューラルネットワークの層やチャネルの数、学習率、バッチサイズなどのハイパーパラメータのチューニングが欠かせない。多くの開発者が手作業の試行錯誤によって行っているこの作業を自動化するのがハイパーパラメータ最適化ツールOptunaである。Optunaは、開発したオープンソースソフトウェアであり、ベイズ最適化などの最新技術を利用して効率的な最適なハイパーパラメータの組み合わせを探索することができる。OptunaはChainerと組み合わせるだけでなく、汎用のブラックボックス最適化ツールとして利用することもできる。
More Detail
スケーラブルな深層学習インフラストラクチャ
深層学習技術が進化するにつれ、より大きく複雑な深層ニューラルネットワークが使われるようになり、それらの訓練は単独のGPUでは時間がかかりすぎるようになってきている。このため、深層学習のための計算インフラはスケーラブルである必要がある。2019年9月現在、3台のGPUクラスタ(スーパーコンピュータ)を持ち、合計で2,560基のGPUを運用している。合計の計算能力は200ペタフロップスに達する。加えて、私たちは独自設計の深層学習アクセラレータチップを開発している。このチップは、2020年に稼働予定の大規模クラスターMN-3に用いられ、電力あたりの性能を飛躍的に高める予定である。
 
1,024基のNVIDIA社 Volta GPUを持つスーパーコンピュータMN-2
 
独自設計による深層学習アクセラレータチップMN-Core。2020年に我々のデータセンタでの利用を予定している
組織としての強み
若い会社だが、既にその実績を証明している。例えばトヨタ、FANUC、NTTなどから戦略的な投資を受け、また2017年のFinancial Times 2017 ArcelorMittal Boldness in Business Awards – Technology Award や、 Forbes Japan’s CEO of the Year 2016.など国際的な賞も受賞している。
「最新技術を最短時間でお客様に届ける」のがミッションである。研究員、エンジニアは常に研究コミュニティやオープンソースコミュニティなどの動向をウォッチし、コンピュータサイエンス(特に深層学習)やロボティクスの最新技術に精通している。新しいアイディアは、すぐに社内でテストされ、良いものであれば私たちのソリューションにただちに取り入れられる。これは、研究員・エンジニアがそれぞれワールドクラスの技術力を持っていることにもよるが、加えて、私たちは次の4つの “Value Statement” を持っていて、常に「何か」を私たち自身に問い続けていることにもよる。
•    Motivation Driven(熱意をもとに)
•    Learn or Die(死ぬ気で学べ)
•    Proud but Humble(誇りを持って、しかし謙虚に)
•    Boldly do what no one has done before(誰もしたことがないことを大胆に為せ)
このように、とって最も重要な経営資産は社員である。研究員やエンジニアの多くは、国際学生プログラミングコンテスト(ICPC)、TopCoder、Kaggle、国際情報オリンピックなどで国際的に高い評価を得ている。同時に、多様な才能の集まりであり、コンピュータサイエンスのみならず、様々な専門分野を持ち、また世界各国の出身者の集合体でもある。深層学習とその応用分野における世界トップレベルの才能と、他に類を見ない計算資源により、深層学習における世界のプレーヤとなっている。

04.-AIチャットボット18社の徹底比較!成功するための選び方.jpg
09.-AIチャットボットをマーケティングに生かして成功するには?.jpg
original.jpg
index_d (1).jpg
mv-truste.png
mv_utility.jpg
mv_telecommedia.jpg
mv_finance.jpg
mv_education.jpg
mv_iot.jpg
mv_payment.jpg
mv_government.jpg
pic_list (1).jpg
pic_list (3).jpg
unnamed (3).jpg
unnamed.jpg
07oc_sp.jpg
unnamed.png
unnamed (1).jpg
sonar-uploads_ivSN2nJXS4GXedWqQkx0_IEEE2
unnamed (4).jpg
Gymnastics_wrnch_nyt.png
4234_0.jpg
4231.jpg
unnamed (1).jpg
Nature-Masterclasses-cover.jpg
index-img-04.jpg
0.jpeg

HOCIT GROUP

HOCIntelligentTechnology

​哈牛桥智能科技集团

HOCインテリジェントテクノロジー(株)

普通法人协会日中贸易促进人工智能深度学习协会

一般社団法人日中貿易振興人工知能ディープラーニング協会

Japan-China Trade & Promotion Artificial Intelligence Deep Learning Association

IT大手のディープラーニングHOCIT GROUP注目のAI企業・AIベンチャー

STOP COVID-19 × AI, IoT, Internet of Things, RPA, OCR-AI, ERP, cloud, bigdata, blockchain, ICT, 5G, 3D, AR, VR, iCLIP, core industrial software, smart chips, smart driving, core algorithms, neutrinos, quantum Top cutting-edge Technology最先端の技術や製品に携われる環境で未来を拓くEducation/Medical/Healthcare/Finance/Sports/Security/autonomous/Robot/IOT/ICT/Smart Manufacturing/Smart Transportation/Smart City/Smart Home/Smart Logistics/AI Real Estate/AI Marketing/AI Advertising/AI Agriculture and other fields

 

safe_image.jpeg
Free_Sample_By_Wix (4).jpeg
vlcsnap-2020-07-17-12h26m37s860-1200x675
Alibaba-Powering-US-Businesses_Thumb.jpg